SOLDOUT★仏PATHÉ MARCONI CVB-2037 シャルル・ミュンシュ指揮パリ管/ベルリオーズ:幻想交響曲

Soldout

【交響曲】このレコードはSOLDOUTしました。 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e547109.html

  • レーベル: 仏 PATHÉ MARCONI
  • レコード番号: CVB-2037
  • オリジナリティ: 仏セミ・サークル・ラベル

曲目
ベルリオーズ:幻想交響曲

演奏

  • 指揮:シャルル・ミュンシュ
  • 管弦楽:パリ管弦楽団

続きを読む SOLDOUT★仏PATHÉ MARCONI CVB-2037 シャルル・ミュンシュ指揮パリ管/ベルリオーズ:幻想交響曲

演奏も録音も、協奏曲がバラエティ豊かで面白い。 – 通販リスト《協奏曲》カタログ

オーケストラはメンバー、それぞれが個性的に己の考えを持っている演奏家の集まりです。学生オーケストラは学ぶこと、従いあわせることが主たる行為だとは思いますがアマチュア、プロとなると指揮者が音にしたい音楽への確固たるヴィジョンを伝えられることに共感した時に一緒に動いてくれる。優れたオーケストラこそ、そういうもののようです。

クラシック音楽というと、指揮者の占める割合が大きいように感じられるものです。確かに交響曲は指揮者のビジョンの有り様が大きい。管弦楽曲は、時に楽団員の自発性を引き出すことに指揮者が務めて居ることがある。
単独で演奏活動を行っている奏者とオーケストラが対峙する協奏曲は、クラシック音楽の作品スタイルをおもんばかると言うよりも自由闊達な解釈ほどに面白い。

続きを読む 演奏も録音も、協奏曲がバラエティ豊かで面白い。 – 通販リスト《協奏曲》カタログ

SOLDOUT★独CONCERTO HALL SMS-2411 ヴォルガ(Vn)、オーベルソン指揮ウィーン祝祭管、チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、メディテーション

Sms2411

このレコードは SOLDOUT しました。 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e105310.html

  • レーベル:独 CONCERTO HALL
  • レコード番号:SMS-2411
  • オリジナリティ:レッド・ラベル

曲目

  • チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、メディテーション Op.42

演奏

  • ティボール・ヴォルガ(ヴァイオリン)
  • ジャン・マリー・オーベルソン指揮
  • ウィーン祝祭管弦楽団

続きを読む SOLDOUT★独CONCERTO HALL SMS-2411 ヴォルガ(Vn)、オーベルソン指揮ウィーン祝祭管、チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、メディテーション

SOLDOUT★米RCA LSC-1903 ハイフェッツ(Vn)、ライナー指揮シカゴ交響楽団、ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 シェード・ドッグ・ラベル、1stラベル

Lsc1903

★このレコードはSOLDOUTしました★

協奏曲http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e265036.html

 

  • レーベル:米 RCA
  • レコード番号:LSC-1903
  • オリジナリティ:シェード・ドッグ・ラベル、1stラベル

曲目:ブラームス:ヴァイオリン協奏曲

演奏

  • ヴァイオリン:ヤッシャ・ハイフェッツ 
  • 指揮:フリッツ・ライナー 
  • オーケストラ:シカゴ交響楽団

続きを読む SOLDOUT★米RCA LSC-1903 ハイフェッツ(Vn)、ライナー指揮シカゴ交響楽団、ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 シェード・ドッグ・ラベル、1stラベル

SOLDOUT★米COLUMBIA MS 6201 フランチェスカッティ(Vn)、ラロ:スペイン交響曲、ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲

Ms6201

★このレコードはSOLDOUTしました★ http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e133065.html

  • レーベル   米COLUMBIA
  • レコード番号 MS 6201
  • オリジナリティ:2EYEラベル

 
曲目

  1. ラロ:スペイン交響曲
  2. ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲

演奏

  • ジノ・フランチェスカッティ(ヴァイオリン)
  • ミトロプーロス指揮ニューヨーク・フィル(ラロ)
  • オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団

続きを読む SOLDOUT★米COLUMBIA MS 6201 フランチェスカッティ(Vn)、ラロ:スペイン交響曲、ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲

《蓄音器の音》聴きませんか – 百万の人々よ、互いに抱き合え、全世界の接吻を受けよ! 《第9》の第4楽章を聴く

学校で教師からクラシック音楽のレコードを聴かされた時には、馴染めないというのか不慣れな音楽に違和感を感じて以来クラシック音楽を遠ざけてきたけれども、この会で少しずつ聴かせて貰うことで面白いと思うようになりました。その説明が楽しいからかもしれません。

12

レコードをかけて、解説をすることの嬉しい冥利はそう言われるところにある。クラシック音楽の通の人、レコードを良く親しんでいる人からすれば、至極当然な情報を変に平板な言葉で説明するだけ。そう思われるのも致し方のないこと。

続きを読む 《蓄音器の音》聴きませんか – 百万の人々よ、互いに抱き合え、全世界の接吻を受けよ! 《第9》の第4楽章を聴く

《蓄音器の音》聴きませんか – 英国盤と同じマトリックス、プレスの質は日本盤の方に軍配を上げざるを得ない。

来年、2012年はドビュッシー、ディーリアスが生誕150年。ディーリアスは英国音楽に興味を持ちだしてすぐに色合いが違うことで惹かれた作曲家でした。出逢いはフェンビー、ビーチャムの英国管弦楽小品集の中でした。中学三年の時にシューベルトの曲はほぼすべて・・・読破、ならぬ・・・読聴。ベートーヴェンやバッハとなれば、論陣は数多いし録音も聞き比べまで要されるだろうと思ったから、まずは程良い作品量とステイタスのある作曲家から”制覇”しようとしていたのです。

4

作曲数はあっても購入してレコードが揃わなければ意味ない、ラジオなどからの情報も大切だ、『好きな作曲家は?』なんて話題の時に少なからず知られた名前の作曲家でなければ面白い事にならないし、情報交流が孤独なものでは嫌だ。

ワーグナーのすべてのオペラをFM、レコードですべて聴いたのが高校入学の年。ワーグナーの交響曲、ピアノ独奏曲、室内楽などがマイナーレコードを通して日本盤が発売されたのも奇しくも幸いしました。

その後は、ロック、ジャズへの関心も広まってクラシックだけに集中するのが難儀になっていったけれども、ディーリアスにターゲットが定まったのは輸入レコードショップ・FMウッドストックで、ディーリアスのCDをまとまった形で聴くことが出来たこと。しかし、これ期待ほどにはその後の展開が望めないままです。

続きを読む 《蓄音器の音》聴きませんか – 英国盤と同じマトリックス、プレスの質は日本盤の方に軍配を上げざるを得ない。

《蓄音器の音》聴きませんか – 人類愛の賛美、75年の時間を超えて胸に響く《歓喜の歌》

初雪となった金曜日、前日の半分以上に気温が上がらなかった寒い土曜日。明け方までは暗く、夜まで寝過ごしていたかと思ったほどだった日曜日の朝。昼前には青空と太陽が出て、出掛けるまたとない機会となりました。

熊本博物館で開催した今年最後のレコードコンサートは、参加者の心配は無用だったようで例年末よりは多い参加がありました。日頃2階研修室での開催の場合は資料のプリントを抑えているのですが、《第9》なのでと多めに用意したものが余ったのもわずかで嬉しいものでした。しかも、レコードを再生中の集中力には尚のこと嬉しいものでした。録音を聴く限りでは、参加者が少なかったのでは無いかと思えるほど物音は静かです。

Beethoven_door_lyser

今年も皆さんのたくさんのご参加感謝します。来年最初のコンサートは、1月22日の開催になります。これまで12月と1月は第3日曜日に開催していましたが、元日が日曜日になることから1月の第3日曜日が15日に当たり、熊本博物館に会場を確保できませんでした。その為の変更です。お間違いの内容に宜しくお願い致します。

続きを読む 《蓄音器の音》聴きませんか – 人類愛の賛美、75年の時間を超えて胸に響く《歓喜の歌》

《蓄音器の音》聴きませんか – 初雪の熊本に流れる第9の調べ 明日、日曜日に第284回蓄音器でレコードを楽しむコンサートを開催致します。

熊本では昨日、16日金曜日に初雪が観測されたと気象台から発表がありました。午後3時頃に降った小雨の中に雪が舞っていたと言うことで、昨年より9日早く、例年からは7日早い初雪の観測記録となりました。

いつもは熊本で雪を感じるのは、年越しの時期や初売りの買い物の帰りだったり。昨年は年末の買い物の最中でした。日本の北の方では一晩で庭の愛車が雪に埋もれている。今から掘り出してから出勤だと写真を見せてくれたネット越しのつきあいも今朝はありました。そうした風情からすれば熊本は可愛いうちだろうけど、道を歩いていて雪がちらついている光景はクリスマスを過ぎて年の瀬を感じます。

Chax65-1a

年の瀬のクラシックの恒例はベートーヴェンの『合唱』。今日、12月17日はベートーヴェンの誕生日です。

続きを読む 《蓄音器の音》聴きませんか – 初雪の熊本に流れる第9の調べ 明日、日曜日に第284回蓄音器でレコードを楽しむコンサートを開催致します。

《蓄音器の音》聴きませんか – くまもとの風スペシャルにSPレコードと蓄音機を楽しむ会が出演 – 2011/12/16

金曜日(2011年12月16日)、午後7時30分からNHK熊本で「くまもとの風スペシャル〜くまもと歌物語音楽祭〜わが心の熊本メロディー〜」に当会、SPレコードと蓄音器を楽しむ会会長が出演します。

Chax65-1a

毎月のコンサートでは、数年来一番最後に熊本ゆかりの音楽をレコード、テープで聴いて頂いて締めくくりとしてきました。これは熊本博物館からの要望があったもので、全国的に知られたものから地元でも知られていない曲、忘れられてしまっていた曲などを紹介しました。

続きを読む 《蓄音器の音》聴きませんか – くまもとの風スペシャルにSPレコードと蓄音機を楽しむ会が出演 – 2011/12/16